<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 21日

ラグジュアリーな夜

以前にも書きましたが、私の最近の趣味、というか気分転換の手段が、ホテルステイであります。

今回の宿は、品川駅すぐのストリングスホテル東京の、プレミア・コーナーツイン

d0018506_14374335.jpg

シンプルモダンな廊下。
d0018506_1438366.jpg

リビングスペース。このソファに座って、景色をずーっと見てました。幸せ。
d0018506_14382314.jpg

見事な夜景。写真ではわかりませんが(笑)。
d0018506_14395039.jpg

眼下に品川駅。行き交う人や列車を眺めるのも楽しみ。
d0018506_14432084.jpg

一日中転がっていたい、ベッドコーナー
d0018506_14445115.jpg

バスルーム。うううううちにもこんなのが欲しい!!!
d0018506_1449583.jpg

ロビーにあるレストラン。朝はここでビュッフェ。とっても美味でした。朝食のためだけでも、また泊まりた~い。

ところで品川駅には多分、初めて降りましたが、なんだか素敵なお店がたくさんありますねぇ。
認めたくないけど……京都って、やっぱり田舎……?。セルフサービスのレジなんて、初めて見ました(Queen's Isetanにて)。

英気を養ったので……またボチボチと……仕事……するかな。
[PR]

by sumena | 2007-04-21 15:01 | ホテル
2007年 04月 21日

東京グルメ

久し振りに東京に行ってきました。
東京には友人知人がそれなりにいるので、本当はちょくちょく行きたいのですが、新幹線で往復2万6千円かかる交通費が、二の足を踏ませます。

今回のお目当ての一つ、東銀座のカレー店。

d0018506_13534398.jpg


有名フレンチレストランの裏メニューのカレーが評判になって、独立出店に至った、というプロフィールに期待しすぎたのでしょうか……。まぁ普通に美味しかったですが、1750円(ソース1250円+トッピング500円)もした割には特に驚きのないカレーでした……。もしかしたら私が海原雄山 みたいな舌を持ってないのがいけないのかもしれません。

が、平日の14時という時間帯ではありましたが、私以外お客が一人もいませんでしたよ~~~。大丈夫なんでしょうか?


夜は虎ノ門の「逢坂」という天ぷら屋さんで、コースをいただきました。

写真撮るの忘れた~~。

d0018506_1463537.jpg

穴子。ふわふわ。
d0018506_1464890.jpg

コースの〆の天茶
d0018506_146582.jpg

同行の友は天丼で〆

基本的に油っこいものは苦手なのですが……きれいに揚がってる天ぷらは、油っこさとは無縁だということを実感。こっちの店は、また行きたいな~。
[PR]

by sumena | 2007-04-21 14:24 | グルメ
2007年 04月 13日

風邪ひいた!

d0018506_12233016.jpg
私は風邪の類をひかないのが密かな自慢で、おそらくもう20年近くは無縁だった(あるいは、ひいたとしても自覚がないほど軽微なものだった)のですが……今年はついに、風邪(もしかしたらインフルエンザ?)に罹ってしまいました。

9日の夜頃から少し鼻が愚図り出し、いつもの軽い花粉症症状かと思っていたのですが、翌日の朝起きると、喉が痛く、微妙に悪寒が出始めました。

往生際悪く「悪寒は気のせい」と思い込もうとしたのですが、症状がじわじわと悪化していくのがわかるので、仕方なく熱を測ってみると、37度台前半。
ああやっぱり熱が出てるんだ、でも微熱だから大したことないわ~と思っていたのですが、病気って、自覚した途端に弱気になるせいか、グッと症状が進んじゃうものですね。
あれよあれよという間に38度台になり、頭痛・鼻水・鼻づまり・のどの痛み等等、典型的な症状のため、以後3日間、苦しみ続ける破目に。
寝込むほどではなかったのですが、特に頭痛が辛くて、寝るでもなく起きるでもなく、ぐったりとしたままほとんど何もできませんでした。
看病してくれる人のいない、シングルの身の上なので、症状を抑える薬が欲しくて、行きつけの近所の病院までフラつきながら行ってみた所、なんとその日に限って、医師が学会のためとかで、休診。他の病院に行くこともできず、買い置きの薬もないので(薬嫌い)、ただひたすら、ハニーレモンのお湯割をがぶ飲みしながら、症状の治まることを祈り続けてました。
仕事が終わった直後で、本当によかった……。

で、一体いつウィルスをもらってきたのかと思い返してみて、気付いたのが6日早朝の出来事。
これまたかなり久し振りに、胃の中が空っぽになるくらい嘔吐したのです。

更に記憶を遡ってみると、その前日の夕方、肌荒れを見てもらうために、近所の皮膚科に行ったのですが、そこは(例の休診だった)内科も併設されているところで、待合室には「風邪が酷いんで診てもらいに来たんですよ~」なんて言ってる患者さんがいたんですよね。

うむむ。やっぱりコレでしょうか?!
それから半日後に先ず嘔吐の症状が出て、他の症状が出るまでに更に3日、潜伏期間があったんでしょうか?

風邪の症状に苦しんでいる間、思ったのが、風邪をひいても薬を飲んで仕事を続ける人たちのタフさ。まぁ、風邪ひいてるのに職場に行って、他人に風邪を伝染す可能性がある是非はおいて置くとして(笑)、こんなにシンドイのに、それでも頑張って自分の責任を果たそうとするのは、本当にスゴイなぁと思います(それとも風邪薬というのは、少なくとも辛い自覚症状はほとんど無くなってしまうくらい、強力なものなんでしょうか?)。私は家にいても、全く何もできませんでしたよ!

そしてもう一つ考えたのが、当たり前のことですが、健康の有難さ。
休診の病院から帰宅する途中、一番辛い頭痛だけでも何とかしたくて、ドラッグストアで市販の痛み止めを購入したのですが、副作用が嫌で弱めのものを買ったせいか、飲んでも全く効かなかったんですよね。
一日中、微妙な頭痛を抱え続け、超がつく悲観的な私は、「この頭痛が、ただの風邪に拠るものではなかったらどうしよう?風邪がきっかけで、慢性的な頭痛の症状を得てしまったのだったらどうしよう?」と、ずっと暗い気持ちでいました。
少し前、出産を境に、「線維筋痛症」という、全身に痛みを抱える原因不明の病気を抱えてしまったアナウンサーが自殺したというニュースがありましたが、痛みというのは、本当に人の気力を弱くさせるものだなぁと実感。治療法や抑制法があるのならともかく、いつ果てるともしれない痛みを抱え続ける状態になってしまったら、たとえわが子という大切な存在を得たばかりの母親であっても、死というものにしか縋ることができなくなってしまうほど辛いものなのでしょうか……(痛み以外の要因もあるのかもしれませんが)。
幸いにも私の場合は、2日半ほどで頭痛からは開放されましたが。

ふだん無縁なせいで、おそらくは「たかが」の風邪ごときで、かなりビビってしまった私。
いや~、もう、二度とひきたくないです。

でもたぶん……歳をとるにつれて、風邪をひく可能性は、高くなっていくんだろうなぁ……。
[PR]

by sumena | 2007-04-13 12:24 | 私事
2007年 04月 04日

dog&cat

京都の真ん中で、めちゃくちゃ美味しいホットドッグ発見。

d0018506_046379.jpg


中京区は三条通り、柳馬場を東に入ったあたり。
セブンイレブン前の駐車場を間借りしてる、こじゃれたワゴン車のお店。
一度食べて、すっかりファンになってしまいました。
ジューシーなウインナーに、風味豊かなパン。心なしか、ケチャップ&マスタードもマイルドで美味しいような?
真面目に一生懸命作ってます!というのが伝わってくる味です。

d0018506_0485097.jpg


ちなみに↑こっちは、某ホットドッグ専門店の品。同じ値段だけど、味の違いは一目瞭然……たぶん。ファーストフードと較べたらイカンか。


d0018506_053850.jpg


店主のお兄ちゃんも、一見生真面目な感じでとっつきにくそうですが、話し出すととっても気さくでオモシロイ人です。(「友達に宣伝しときますよ~」と言ったら、「ゼヒに!」と言われたので、とりあえず有言実行w)
ただ、まだ出店して間もないこともあって、知名度はいまひとつの様子。
軌道に乗らず、店を畳む……なんてことになられたら大変なので、京都にお住まいの方、他県から入洛なさった方、小腹が空いたときにゼヒ一度、お店を訪ねてみてくださいませ。



d0018506_0533920.jpg


ついでに自分の宣伝(笑)。
数年前に角川書店から発行された森博嗣氏原作のミステリ漫画作品、『黒猫の三角』が、4月末頃に幻冬舎から再刊されます。
表紙や収録イラスト等が若干変更になりますが、内容は角川版とほぼ同じ。
「角川版が見つからないよ~!」という方、早まって古書店等に走らず、ゼヒ幻冬舎版をよろしく~!


d0018506_0535552.jpg


騎馬警官の受難
[PR]

by sumena | 2007-04-04 00:55 | 京都