好古

sumena.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ホテル( 5 )


2007年 07月 29日

博多への旅

大学時代からのつきあいで、博多在住の友人を訪ねるため、東京在住の友人とともに福岡へ行って来ました。

今回の三大目的は、
●ホテルステイ
●博多の友人への出産祝い
●屋台

で、今回泊まったホテルは、ずっと行きたくて仕方なかったWITH THE STYLE FUKUOKAです。

d0018506_1222674.jpg

街中に突如として出現する、トロピカルな空間。

d0018506_12242948.jpg

都心のオアシス。建物全体が、リゾートな雰囲気であふれています。但し、このプールは泳ぐことはできません……。

d0018506_12281965.jpg

ベッドルーム。
d0018506_1233174.jpg

バスルーム。
d0018506_12382329.jpg

とっても気持ちのいい、二種類のシャワーヘッド。もちろんバスタブもあります。
d0018506_124118100.jpg

部屋にはテラスもついているのですが、隣の部屋が丸見えな上、行き来も自由にできてしまうので、いまいち使えません。しかも宿泊した日は夜になっても外は凄まじい熱気で、とてもテラスでくつろげるような状態ではありませんでした。残念。

しかしこのホテル、予約の時点から(部屋のほとんどがダブルの設定であることから)予想はしてましたが、基本的にカップル向けですね~。部屋の明かりも、普通のホテルよりも更に暗めだし……。

チェックイン後、第二の目的である出産祝いを買いに、東京の友と一緒に天神の岩田屋へ。
赤ちゃんの夏服が欲しい、と言われていたので、洋服売り場をあれこれ見ていたのですが、あまりに種類が多くて目移りするものの、さりとて「コレ!」というものもなく。
果たして決められるのか……と不安になってしまいましたが、友も私も、ディスプレイされていた、ある服の前で釘付けに。
「これ、可愛い!!」と、口を揃えての一目ぼれ状態。
無事、購入することができました。

その後、私の希望で、岩田屋の地下にある、ザ・コンランショップへ。

ちょっと眼の保養にひととおり見て回るだけだったつもりが、子供向けグッズの売り場で、またしても釘付け。
さすがテレンス・コンラン卿?!
どれもこれもかわいらしく、かつ美しく。
悩みに悩んだ末、握るとキュウと鳴く子羊のぬいぐるみを、洋服と一緒に贈ることに決めました。

そして更に自分用に、あまりに可愛いテディベアを、思わずお買い上げ。

d0018506_1362165.jpg

振るとお腹からコロコロと澄んだ音がするテディ。
うーん、これからはベビーへのプレゼントは、迷わずコンランショップで買っちゃいそうだ(笑)。

予定時間を大幅にオーバーした買い物で、時間は既に夜。
ということで、第三の目的、屋台での夕飯に出発。

ホテルのスタッフの方が気を利かして貸してくれたガイドブックで目ぼしい店をピックアップし、あとは行き当たりばったりで、天神へ。

d0018506_1311219.jpg
結局、選んだのは、大丸まえに屋台を構えた「ぴょんきち」というお店でした。

d0018506_133509.jpg

めんたい餃子。具に明太子がまぜてあります。美味。
d0018506_1313498.jpg

店の大将に強烈にプッシュされた「和牛サガリ」。
サガリというのは初めて食べましたが、横隔膜だそうで。
説明を聞いたときは、どんな肉だか想像がつかなくて、チャレンジ精神で注文したのですが、出てきたお肉はあっさりとしていて油っこくなく、適度な歯ごたえがあって、しかしジューシー、という、とっても美味しいものでした。
d0018506_13182869.jpg

〆に焼きラーメン。博多ラーメンの細くてコシのある麺は大好きなので、これも美味しくいただきました。

博多の屋台は観光客向け、実は美味しくも安くも無い!なんていう評価を耳にしたこともあり、不安を抱きながらの屋台訪問でしたが、少なくとも今回訪れたお店は、とても美味しく、博多再訪の折にはゼヒまた食べたい!と思える料理に出会うことが出来ました。

本当はもっといろいろな屋台を回ってみたかったのですが、ダイエット中なので、腹八分で終了。

d0018506_13231268.jpg

翌日、ホテルで朝食件昼食のブッフェ。

このホテル、部屋以外に素晴らしいのが、朝食が午後1時まで、そしてチェックアウト時間が午後2時、ということ。前夜に夜更かししても、翌日、ゆっくりと惰眠を貪ることができるので、実に嬉しい設定です。
[PR]

by sumena | 2007-07-29 13:44 | ホテル
2007年 06月 20日

夜のお楽しみ

今回の東京行きでも、ホテルステイのお楽しみは、もちろん忘れません。

泊まったのは、ロイヤルパーク汐留タワー

今回はあまりホテルでゆっくりする時間がなさそうだったので、値段も控えめに……ということで、一番安い朝食無しのシングルルームを予約。

d0018506_10493021.jpg

久々に泊まるシングルルーム。広さが20平米しかないため、狭くて満足感が薄いかもしれない……と危惧していたのですが、そんな心配は全くの杞憂でした。

d0018506_1051863.jpg

飾られた絵が、とっても効いてます。

d0018506_11132764.jpg

洗面台はボウル型(?)。ホントに流行ってますね、ここ数年、このタイプ。
好きですけど(笑)。

d0018506_10564584.jpg

バスは当然ながら、洗い場もシャワーブースも無し。
でもまぁこのタイプも、内装さえ安っぽくなければ悪くありません。

d0018506_1059430.jpg

ロイヤルパーク汐留タワーには、『サイバーコンシェルジュ』と名づけられたPCが全室に標準装備されています。ネット中毒者には有難い(笑)。
ルームサービスなんかも、この『サイバーコンシェルジュ』を通じて行います。
ただ、ルームサービスと言いつつ、一部の商品は、外部から&簡易容器とのこと。
ピザなんか、宅配ピザ屋の商品なんじゃないのか?!と言う雰囲気。
それでいて、値段はお高いんだよなぁ。

d0018506_1143595.jpg

小腹が空いていたので、恐る恐るコーンスープを注文。
簡易容器じゃなくて、ひとまず安心。

d0018506_116521.jpg

スープは丁度いい温度で、ポットの中に入っていました。
お味も美味しく、満足満足。

d0018506_1172872.jpg

夜景はイマイチでしたが、東京タワーがきれいに見えました。

おまけ。

チェックイン前に、友人宅で夕食のお呼ばれ。

d0018506_1185368.jpg

韓国風鉄板焼き……だそうです。
ちなみに3人前。

d0018506_1193484.jpg

炒めた野菜や肉がほとんどなくなったあたりで、ご飯投入。
見た目はちょっとアレですが、とっても美味しいです。
[PR]

by sumena | 2007-06-20 11:14 | ホテル
2007年 05月 24日

またまた宿泊の記録

京都府の北部、日本三景のひとつである天橋立へ一泊旅行に行ってきました。
目的は『ワインとお宿 千歳』という、古い旅館をリノベーションしたお宿に宿泊することです。

このお宿は、去年、ネットでいろいろと温泉旅館を探しているときに見つけたもので、そのうち是非行こう!と心に決めていた場所でした。
ここ最近、「ここはよさそう!」と思って行った宿泊施設(ラグジュアリーホテルは除く)が、いまひとつ期待したほどの感動が無いことが多かったので、今回も「期待外れだたらどうしよう……」と思いながら、京都から二時間ほど、電車に揺られて目的地に着いたのですが……リピート決定の、大満足のお宿でした。


d0018506_9261880.jpg

外観は思いのほか、こじんまりとしていました。

d0018506_9253985.jpg

チェックインは宿から少し離れた場所にある、宿泊者専用サロンで。
ごろごろ転がりたくなるくらい好みの内装です。
このサロンは、チェックアウト後も利用でき、ドリンクのサービスがいただけます。
ドリンクサービスの中には、ワインまであります。
てか、ワインがメインなんですが……私はお酒好きじゃないので。

d0018506_9343066.jpg

今回泊まった部屋。
窓からは緑と運河が見えます。

d0018506_10385259.jpg

全八室の客室は全て異なった間取りす。
私たちの部屋は八畳の和室が二間に、窓際の板間、洗面スペース、トイレがあります。
やっぱり布団よりベッドが好きだなぁ。

d0018506_1027848.jpg

私たちが泊まった部屋だけ、シャワーがついていなかったのですが、宿の中にメチャクチャ気持ちのいいお風呂があるので全然問題なし。
風呂場の中には、のぼせずゆっくりできるように、飲料水も備え付けられてました。
至れり尽くせり。

d0018506_9394396.jpg

露天風呂もあります。

d0018506_10273392.jpg

夕飯は、宿の中のレストランで。

d0018506_10275049.jpg

テーブルセッティングもオシャレ。

d0018506_9502591.jpg

前菜。
豚肉と野菜のサラダ、山菜のマリネ、蛸のタルタルソース和え。
蛸のタルタルソース和えには細かく砕いた氷?が入っていて、いい食感でした。

d0018506_954379.jpg

刺身盛り合わせ。
さすが海に面した宿。

d0018506_9555827.jpg

ちょっと意外だったのが、刺身の味付け用の調味料。
左から、味付けオリーブオイル(つけるとカルパッチョ風に)、レモンと塩、醤油。
刺身に塩、というのは私には初めての発想でしたが、非常に美味しかったです。
家でもやってみようっと。

d0018506_1015584.jpg

あさりのお吸い物

d0018506_103491.jpg

スズキのポワレ

d0018506_1043984.jpg

京和牛ステーキと野菜。
野菜が付け合せというよりメイン……。

d0018506_10242317.jpg

〆のお蕎麦。
豊かな香り。

d0018506_10112811.jpg

デザート。
こういうデザートでパフェが出てくるのも初めてなら、グラスにひっかかった面白いスプーンも初めて。
グラスの中身は、果物のシロップ漬け?、ムース、シャーベット、黒米のパフ、イチゴ。
まぜまぜして食べると、超ウマでした。

d0018506_10291377.jpg

朝食。
赤米のお粥。
お粥といっても日本風のではなく、香港で食べるような調理法だったので、とても美味。

d0018506_10352267.jpg

朝食のおかず。
右下のあわびをお粥にまぜまぜして食すと、更に美味。


大量の写真で、ネット環境によっては激オモでしょうか……。ごめんなさい。
しかし、デジカメを持って行きながら、充電中の電池を家に忘れてくるという失態を犯したので、画質の悪いケータイの写真しか残っていないのが、返す返すも口惜しいです。
[PR]

by sumena | 2007-05-24 10:46 | ホテル
2007年 04月 21日

ラグジュアリーな夜

以前にも書きましたが、私の最近の趣味、というか気分転換の手段が、ホテルステイであります。

今回の宿は、品川駅すぐのストリングスホテル東京の、プレミア・コーナーツイン

d0018506_14374335.jpg

シンプルモダンな廊下。
d0018506_1438366.jpg

リビングスペース。このソファに座って、景色をずーっと見てました。幸せ。
d0018506_14382314.jpg

見事な夜景。写真ではわかりませんが(笑)。
d0018506_14395039.jpg

眼下に品川駅。行き交う人や列車を眺めるのも楽しみ。
d0018506_14432084.jpg

一日中転がっていたい、ベッドコーナー
d0018506_14445115.jpg

バスルーム。うううううちにもこんなのが欲しい!!!
d0018506_1449583.jpg

ロビーにあるレストラン。朝はここでビュッフェ。とっても美味でした。朝食のためだけでも、また泊まりた~い。

ところで品川駅には多分、初めて降りましたが、なんだか素敵なお店がたくさんありますねぇ。
認めたくないけど……京都って、やっぱり田舎……?。セルフサービスのレジなんて、初めて見ました(Queen's Isetanにて)。

英気を養ったので……またボチボチと……仕事……するかな。
[PR]

by sumena | 2007-04-21 15:01 | ホテル
2006年 08月 25日

ホテルグランヴィア京都

最近、ホテルステイの楽しみに目覚めました。
いや~、最近のホテルというのは、ひと昔まえのイメージを凌駕する進化を遂げていますね。
単に私がラグジュアリーホテルに無縁だっただけかもしれませんが……。

というわけで、一週間くらい前の記録。
「ネームをするため」という理由付けで、自主的にホテルに缶詰になりに行ってきました。
あまり時間的に余裕がないので、地元の京都。
お金が有り余ってるわけでもないので、今回はホテルグランヴィア京都の、当日限定で、ちょっとお安くなるプランを予約してみました。

スタンダードツイン (26㎡・駅ビル内景観)・シングルユース

d0018506_185321.jpg
d0018506_19148.jpg
d0018506_192667.jpg


このホテルで一番安いということもあって、特にコレという特徴もない、無難に快適な部屋でした。

しかし、ホテルのベッドって、なんであんなに気持ちがいいのでしょうね~。
[PR]

by sumena | 2006-08-25 01:17 | ホテル