カテゴリ:京都( 9 )


2012年 04月 28日

蛸壺

確か以前は無かった――少なくとも今現在のように幅を利かせてはいなかったと思うんだけど、最近、錦市場で密かなブームとなっていると思しきもの――それが、イイダコの甘煮。
小さなイイダコを串に刺して、買い食い用に供しているお店が、やたら増えた気がする。

先日、そのイイダコを手に持って、じーーーーっと見つめている白人バックパッカーの兄ちゃんがいて、それが何故か私には、やたらツボにはまってしまったのだった。
小さなタコを見つめながら、彼はいったい何を思っていたのだろう…………。



d0018506_2159313.jpg


1 「このタコ、キュートだなぁ。食べるのもったいないなぁ」
2 「クソッ………勢いで買っちまったものの、やっぱり俺にはタコを食うなんて、無理だッ…………!!」
[PR]

by sumena | 2012-04-28 22:17 | 京都
2012年 03月 22日

京都にイルカがやってきた

今月14日に、京都に水族館ができたって知ってましたか?
私はオープン前日まで、まったく知りませんでした!

そしてそれまでは水族館なんてまったくと言っていいほど興味がなかったのに、オープンを知ってからはもう行きたくて行きたくて………。これも京都に対する愛の深さ。京都のものは何でも応援したい。

さすがにオープン後数日はチケット買うだけでも1時間待ちとか言う話なので避けましたが、先日がまんできずにお一人様水族館してきました。

d0018506_22261598.jpg

かめおーー!

ぶっちゃけ、予想通りの、こじんまりとした水族館です。
京都市動物園に行ったことのある人ならわかると思いますが、やっぱりあんな感じです。
d0018506_22302735.jpg

とらこーー!

純粋に水族館を楽しみたいのなら、海遊館に行った方がよいかもしれない(行ったことないけど)。
でも!!やっぱり、京都の中心部に水族館があるとうのは、わくわくしちゃいます。
なんたってうちから徒歩圏です!小一時間かかるけど。
ちなみに動物園も徒歩圏!動物園は早く改修終わって欲しい。少しでも部屋が広くなって、動物のストレスも改善されるといいんだけど。

で、勢い余って二回行ったら元が取れる京都水族館の年間パスポートを買ってしまいました。
これからは京都駅に行ったついでに、ふら~っと水族館にも寄って行こうと思います。


京都水族館
[PR]

by sumena | 2012-03-22 22:56 | 京都
2007年 10月 26日

世界で一番大きなプレゼント

かも?

d0018506_1382183.jpg

誰宛なんでしょうか……。
私も欲し~~!
[PR]

by sumena | 2007-10-26 01:39 | 京都
2007年 10月 19日

ぶらり

唐突に寺院の庭を見て安らぎたくなったので

d0018506_21375125.jpg

ぶらっと仁和寺へ。
本当は、竜安寺の庭を見たかったのですが、記憶違いで仁和寺に来てしまったのでした。

でもまぁ、とりあえず。

d0018506_21384323.jpg

はふ~~~。

d0018506_21423721.jpg

癒された。


もひとつ記憶違い。
d0018506_21444832.jpg

仁和寺へ行くために、たぶん10年ぶりくらいで嵐電に乗ったら、料金が前線均一200円でビックラしたんですが。
昔は、もっと高かった気がするんですが。
あれ?
前からだっけ?
叡電とごっちゃになってるのかしら?
[PR]

by sumena | 2007-10-19 21:49 | 京都
2007年 04月 04日

dog&cat

京都の真ん中で、めちゃくちゃ美味しいホットドッグ発見。

d0018506_046379.jpg


中京区は三条通り、柳馬場を東に入ったあたり。
セブンイレブン前の駐車場を間借りしてる、こじゃれたワゴン車のお店。
一度食べて、すっかりファンになってしまいました。
ジューシーなウインナーに、風味豊かなパン。心なしか、ケチャップ&マスタードもマイルドで美味しいような?
真面目に一生懸命作ってます!というのが伝わってくる味です。

d0018506_0485097.jpg


ちなみに↑こっちは、某ホットドッグ専門店の品。同じ値段だけど、味の違いは一目瞭然……たぶん。ファーストフードと較べたらイカンか。


d0018506_053850.jpg


店主のお兄ちゃんも、一見生真面目な感じでとっつきにくそうですが、話し出すととっても気さくでオモシロイ人です。(「友達に宣伝しときますよ~」と言ったら、「ゼヒに!」と言われたので、とりあえず有言実行w)
ただ、まだ出店して間もないこともあって、知名度はいまひとつの様子。
軌道に乗らず、店を畳む……なんてことになられたら大変なので、京都にお住まいの方、他県から入洛なさった方、小腹が空いたときにゼヒ一度、お店を訪ねてみてくださいませ。



d0018506_0533920.jpg


ついでに自分の宣伝(笑)。
数年前に角川書店から発行された森博嗣氏原作のミステリ漫画作品、『黒猫の三角』が、4月末頃に幻冬舎から再刊されます。
表紙や収録イラスト等が若干変更になりますが、内容は角川版とほぼ同じ。
「角川版が見つからないよ~!」という方、早まって古書店等に走らず、ゼヒ幻冬舎版をよろしく~!


d0018506_0535552.jpg


騎馬警官の受難
[PR]

by sumena | 2007-04-04 00:55 | 京都
2006年 07月 28日

欲求不満

御二九と八さい はちべー

先斗町にある、うち肉(ホルモン)と野菜のお店。

あるブログに載っていた牛タンのハンバーグが、とてもとても美味しそうだったので、ガマンできずにランチタイムに行ってきたのですが……。

d0018506_20354988.jpg

ほほ肉のビーフシチューと温野菜

しか、ありませんでした。
お肉が柔らかくておいしかった……んだけど。
牛タンハンバーグを食べる気満々だったので、ひどい欲求不満状態です。

市場に出回る和牛のタンに限りがあるため、必ずしも毎日入荷できるというわけではないそうで……。
ということは、このお店で牛タンハンバーグにありつくためには、事前にお店に電話か何かで問い合わせたほうがいいんでしょうか?

メンドイ……。


d0018506_20401626.jpg


そしていつものように遅々として進まぬお仕事。
[PR]

by sumena | 2006-07-28 20:48 | 京都
2006年 07月 15日

絹の味

今、コレにはまってます。

d0018506_105223.jpg


そう、シフォンケーキ!!

デパ地下のスイーツ売り場で、その存在に気付いてはいたものの、スポンジと生クリームのみという、そのあまりのシンプルさに、興味を惹かれることもなく時を過ごしておりました。

ところがある時、急にタルトが食べたくなったものの、どうもケーキを一つだけ買う、というのが憚られたため、同じ店で売っていた、件のシフォンケーキを、オマケとして買い求めることにしたのです。

そして帰宅後、何の期待も無く口にしたところ……。


お………

おおお………?!

な、なんだこの食感は!!!

何とも言えぬ、しっとりとして滑らかな舌触り……
控えめな甘さのスポンジに、生クリームが素晴らしく調和して……

う、うまい~~~~~~~~!!!!



ということで、すっかり虜になっちゃいました。

今はこのデパ地下で出合った『ペーパームンカフェ』のばっかり食べてますが、そのうちいろんなお店のを食べ比べてみたいなぁ~。
[PR]

by sumena | 2006-07-15 01:31 | 京都
2006年 05月 30日

白碗竹カイ楼

家探しのために京都に来た友人と、お昼に『白碗竹快樓』に、行ってきました。『膳處漢ぽっちり』と同じ、際コーポレーションがプロデュースする、中華料理のお店。

d0018506_13234539.jpg


相変わらず、これだけでご飯3杯いけそうな、素敵な店構え。
祇園にあるから、余計にね!

席が空いてるにもかかわらず、店先でしばらく待たされたりもしつつ……外から気持ちのいいそよ風が入る店内で、ランチセットの魚翅(フカヒレ)膳をいただきました。

d0018506_13282378.jpg


前菜三種と、水餃子、スープ、そしてフカヒレ餡のかかったご飯。
スープもフカヒレご飯もなかなか美味しかったけれど、どちらも味が一寸濃すぎ。
ご飯がこのコッテリ具合なら、スープはあっさりしたもののほうがいい気が……。
友人も、「漬け物がめちゃくちゃ美味しく感じた」と言ってましたョ。
風邪気味だったこともあって、完食ならず。

店員さんも、対応は普通に丁寧だけど、何かにつけて行動が遅いのが気になりました。
隣の席のお客さんが水を頼んだところ、すぐに厨房に引っ込んだものの、実際持ってくるまでに、体感10分くらいかかってましたよ。お客さんが何度も催促してるのに……(唐辛子が喉にひっかかって、大変だったらしい)。

でもやっぱり店構えが好みなので、機会があったらまた行っちゃいそう……。
[PR]

by sumena | 2006-05-30 13:47 | 京都
2006年 05月 09日

ごちそう

東京から、編集さんが上洛。
ひとしきり仕事の話をした後、膳處漢(ぜぜかん)ぽっちりに行ってきました。

もとは呉服問屋だったという町家を見事に再利用したこの店を発見したのは、もう3年ほど前でしょうか。偶然、その前を通りかかったとき、まさか中国料理店であろうとは想像もつかず、その不思議で重厚な店構えに圧倒されたのをよく覚えてます。

以来、これで3度目の訪問。
料理も美味しいのですが、とにかくその雰囲気が好きで、何度となく足を向けたくなってしまうお気に入りの店。

d0018506_034337.jpg

前菜の盛合せ

d0018506_0332673.jpg

大蝦のチリソース

d0018506_0375733.jpg

猫のダンボールハウス
(これは無関係)
[PR]

by sumena | 2006-05-09 00:44 | 京都