好古

sumena.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 30日

白碗竹カイ楼

家探しのために京都に来た友人と、お昼に『白碗竹快樓』に、行ってきました。『膳處漢ぽっちり』と同じ、際コーポレーションがプロデュースする、中華料理のお店。

d0018506_13234539.jpg


相変わらず、これだけでご飯3杯いけそうな、素敵な店構え。
祇園にあるから、余計にね!

席が空いてるにもかかわらず、店先でしばらく待たされたりもしつつ……外から気持ちのいいそよ風が入る店内で、ランチセットの魚翅(フカヒレ)膳をいただきました。

d0018506_13282378.jpg


前菜三種と、水餃子、スープ、そしてフカヒレ餡のかかったご飯。
スープもフカヒレご飯もなかなか美味しかったけれど、どちらも味が一寸濃すぎ。
ご飯がこのコッテリ具合なら、スープはあっさりしたもののほうがいい気が……。
友人も、「漬け物がめちゃくちゃ美味しく感じた」と言ってましたョ。
風邪気味だったこともあって、完食ならず。

店員さんも、対応は普通に丁寧だけど、何かにつけて行動が遅いのが気になりました。
隣の席のお客さんが水を頼んだところ、すぐに厨房に引っ込んだものの、実際持ってくるまでに、体感10分くらいかかってましたよ。お客さんが何度も催促してるのに……(唐辛子が喉にひっかかって、大変だったらしい)。

でもやっぱり店構えが好みなので、機会があったらまた行っちゃいそう……。
[PR]

by sumena | 2006-05-30 13:47 | 京都


<< 絹の味      コメント・トラックバック一時停止 >>