好古

sumena.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 23日

魚戦記1

先日、デパートに買い物に行ったら、インテリア売り場で観賞魚が売られていました。

d0018506_15541796.jpg


↑この状態で、そのままお洒落な透明のパッケージに入れられ、カルキ抜き溶液と餌もセットになった、とてもお手軽なイメージで売っていました。
あまりにも「モノ」的な扱いに、一瞬、抵抗を覚えましたが、2分後に衝動買い。

しかし、生き物に対する扱いの抵抗を覚える境界って、曖昧だな~。
例えば、金魚すくいには全く抵抗感はないけれど、一時期話題になった、ゲームセンターの生き物キャッチャーなんかは、ものすごーく抵抗を覚えたり。



閑話休題。
これが通常のペットショップであったなら、魚を買うことなどなかったことでしょう。なのにデパートで、お洒落にディズプレイされているのを見ると、見事に踊らされて買ってしまう。反省。
そして買った動機と言うのがまた不純で、「魚可愛いなぁ」ではなくて、「猫が喜ぶかなぁ」という……。いえ、食べさせようとかオモチャにさせきようとかいうのではなくて、ホラ、猫って動くものを見るのが好きだから。

で、帰宅して早速、猫の前に水槽を置いてみたところ………

見事に無視。

というか、魚の存在そのものに気付かない模様。
魚が小さい上に、ほとんど動かないのだから、無理もないか……。

諦めきれずに、見えやすいように魚を洗面器に入れてみると

d0018506_15545737.jpg


おお、見てる見てる!!

と、小躍りしたのも一瞬のこと。
猫めは15秒ほどで魚に飽きてしまい、見向きもしなくなりました。

魚飼い続けるモチベーションが……

などという非道な思いを頭に過ぎらせつつ。
とりあえず、「このまま飼える」という歌い文句の水槽があまりに小さくて窮屈そうなので、時々広いところで運動させてやろう。
と、そう考えたわけですが……それがまさか、あのような大惨事を招くことになろうとは!!

<続く>
[PR]

by sumena | 2006-05-23 15:59 | ペット


<< コメント・トラックバック一時停止      ごちそう >>