「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2014年 03月 20日

「夢源氏剣祭文」1、2巻同時発売

新刊情報です。

角川書店さんから、単行本「夢源氏剣祭文」一巻と二巻が発売されました。

舞台は平安時代。
幼い少女「いばらき」を中心に、金太郎や藤原保輔、阿倍清明に藤原純友などなど、有名どころが登場する御伽草子です。
原作は、小池一夫先生。

一巻は二〇〇八年に小池書院さんから発売されたもの(絶版)に、少しですが加筆ページがあります。
二巻は、一巻の続きで、初単行本化となります。

全三巻となる予定ですが、ぶっちゃけ三巻が発売されるためには、この一、二巻がある程度売れないと、厳しい状況です……。

今回は単行本についている応募券二枚で、抽選で五〇名様にポストカードが当たるキャンペーンを行っておりますので、そちらのほうも、ぜひ。

よろしくお願いいたします。


d0018506_1626228.jpg
d0018506_16263627.jpg

[PR]

# by sumena | 2014-03-20 16:29 | 仕事
2013年 12月 26日

夢源氏剣祭文

久しぶりの仕事のおしらせです。

サムライエースVol 10、本日発売です。
そして、残念ながら今号をもちまして、サムライエースは休刊の運びとなりました。

新雑誌がなかなか軌道に乗らない昨今。
「サムライエース」も、決して読者が多いとは言えないジャンルの雑誌ゆえ、正直、当初から不安はありました。
それでも、「夢源氏」の連載が終わるくらいまでは休刊はないだろうと楽観していましたが、甘かった……。
まあ結局のところ、自分の漫画に雑誌を維持するだけの力がなかった、ということですから、仕方のないことです。

「夢源氏」は完全に中途半端な状況で終わっておりますが、続きがどうなるかは今のところ未定です。
ただ、残りもあと少しですので、なんとか完結させられるよう、道を探って行きたいと思っております。
「夢源氏」の読者の皆様には、本当に申し訳ありません。

単行本につきましては、今のところ出版する方向で話は進んでいます(確実ではありません)。
一度ならず二度目の中断の危機にある中、また単行本として出していただくことに少々後ろめたい思いもありますが……。

諸諸、詳細が決まりましたら、またお知らせいたします。
[PR]

# by sumena | 2013-12-26 15:10 | 仕事
2013年 05月 31日

近況……なのだろうか?

ご無沙汰しております。

相変わらずブログ更新が非常に滞っておりますので、またしばらくコメント欄は閉じさせていただこうと思います。

……と思ったら、既にコメント欄は閉じていたようです。
おかしいな??閉じた記憶、ないんだけど……。
いつの間にw

現時点での仕事は、角川書店さんの雑誌「サムライエース」での連載漫画のみです。
隔月であるにもかかわらず、しかも再録が混じっているのに、もうヒーヒー言いながら描いています。
私の筆は、いったいどこまで遅くなっていくのでしょうか。不安です。

それから、年初の投稿にコメントいただいた、もみじさん、松下関崇 さん、はるきねす さん。
読ませてはいただいていたのですが、返信できなくて申し訳ありませんでした!
遅ればせながら(遅れるにも程があるが)、今年もよろしくお願いいたします。
ほんとすいません。

そしてひっそりとブログにツイッターを表示してみました(古都人=皇なつき)。
連携の仕方が、なかなかわからず……。
友人にツイッターやってる人が全然いないので、ほぼ特定の人との会話ツールと化していますw
仕事を含め、有意義なことはまったくといっていいほどつぶやいていませんが、
音沙汰ないけど皇なつきはどうしてるんだ?と気になったときにでも、覗いてみてください(^_^)v
[PR]

# by sumena | 2013-05-31 10:44 | 仕事
2013年 01月 01日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

すっかり更新が滞ってしまっております。

昨年から今年にかけて、結構頻繁に更新していたのは、差し迫った仕事の締め切りが少なく、割と余裕を持って仕事をしていたからなのですが、そののんびりさが祟って、最近はまた結構毎日仕事に追われるような状況になっております。
そうすると一気にブログ更新がおろそかになってしまうのでした。
せめてサムライエースの発行時くらいは更新しようと思いつつ……この体たらく。

サムライエースで連載中の『夢源氏剣祭文』は、単行本収録ぶんの再掲載を終えて、新章に突入しました。
雑誌ともども、ぜひよろしくお願いいたします。

実は、昨年からツイッターを始めました(皇なつき名義ではないのですが)。
そっちは頻繁に書き込んでいるので、それをこのブログと連動しようかな〜と考えたりもしているのですが、さて、どうなりますことやら。
[PR]

# by sumena | 2013-01-01 20:04 | 私事
2012年 08月 30日

サムライエース第二号発売

『サムライエース』Vol2が発売されました。
夢源氏剣祭文、第二回が掲載されています。

今回も再録ですが、加筆が3ページほどあります。
そしてその加筆のうちの1ページ(P394)が、手違いで間違った場所に挿入されております^^;
本当はその2ページ前に入るはずだったんですが……。

しかも台詞が一部、抜けてしまっております。
同ページ3コマ目、右の不自然な空白部分に
「そう言えばあの男の人たちはどこへ行ったのだろう」
とかなんとかいう(うろ覚え)いばらきのモノローグが入ります。

ちょっとグダグダ状態ですが、単行本ではちゃんと直しますので、ご容赦くださいませ。
[PR]

# by sumena | 2012-08-30 00:27 | 仕事
2012年 06月 22日

侍A

6月26日、角川書店さんからサムライエースという雑誌が創刊されます。

その誌上において、掲載誌の廃刊により未完となっていた拙著『夢源氏剣祭文(小池一夫先生原作)』が、再び日の目を見ることとなりました。ありがたや~~!

ただし、今回の掲載は中断した部分の続きからではなく、物語の始まりからの再録、という形になります。既に単行本などでお読みいただいている方々には続きを少々お待ちいただくことになりますが、雑誌ともども、応援いただければ幸いです。

今度こそ完結させられるといいな~!(>_<)

d0018506_20164682.jpg

[PR]

# by sumena | 2012-06-22 13:54 | 仕事
2012年 04月 28日

蛸壺

確か以前は無かった――少なくとも今現在のように幅を利かせてはいなかったと思うんだけど、最近、錦市場で密かなブームとなっていると思しきもの――それが、イイダコの甘煮。
小さなイイダコを串に刺して、買い食い用に供しているお店が、やたら増えた気がする。

先日、そのイイダコを手に持って、じーーーーっと見つめている白人バックパッカーの兄ちゃんがいて、それが何故か私には、やたらツボにはまってしまったのだった。
小さなタコを見つめながら、彼はいったい何を思っていたのだろう…………。



d0018506_2159313.jpg


1 「このタコ、キュートだなぁ。食べるのもったいないなぁ」
2 「クソッ………勢いで買っちまったものの、やっぱり俺にはタコを食うなんて、無理だッ…………!!」
[PR]

# by sumena | 2012-04-28 22:17 | 京都
2012年 03月 30日

魚戦記2―完結編―

魚戦記1の続きです。

とりあえず、「このまま飼える」という歌い文句の水槽があまりに小さくて窮屈そうなので、時々広いところで運動させてやろう。
と考えた飼い主、洗面器の金魚と猫をその場に残し、仕事をするために別室へと移動したのでした。

そして、しばらくの後。

「そろそろ魚を水槽に戻そう……」
そう思って再び魚たちの元へと戻ってきた飼い主が眼にしたものは!


魚の姿が消えた洗面器と

その洗面器の横で、気のせいかエラく満足げに横たわる猫の姿。

ま…まさか………お前

魚食べた?!

猫「?」

反省の色ナシ。
あまりのことに、衝撃を受ける飼い主。
猫のために買った魚とはいえ、まさかこんな悲惨な最期を遂げさせる結果になろうとは……。

空ろに水を湛えたままの洗面器の傍らにヘナヘナと座り込み、床に手を着いた

その指先に、ぬるりとした感触。

ぎょっとして手を引っ込め、一体何を触ったのかと恐る恐る眼を凝らすと、
そこには、ホコリにまみれてピクリとも動かぬ魚の姿が。

そう、魚は猫に食べられたのではなく、自分で洗面器から飛び出してしまっていたのでした。
慌ててホコリを取り除き、人工呼吸……は無理なので、そのまま水の中へ戻してみたところ。
魚はそのまま沈んだ……かと思いきや、息を吹き返して元気に泳ぎだす。

ほっとしたところで、最初の発見現場から少し離れたカーペット上で、もう一匹も無事救出、
こちらも水に入れてやると、やはり元気を取り戻したのでありました。

九死に一生を得た二匹の魚は、その後も特に猫の関心を得ることも無く、平和な魚生を送っておりますとさ。


――完――



後記
魚戦記、6年の歳月を経て、ついに完結!!
魚戦記1の続きを気にしておられるかもしれない一部のファンの方に今さら捧げます。ごめんなさい。

ちなみに本文は6年前に書かれたものであるため、現在の状況とは一致いたしません。
[PR]

# by sumena | 2012-03-30 18:40 | ペット
2012年 03月 22日

京都にイルカがやってきた

今月14日に、京都に水族館ができたって知ってましたか?
私はオープン前日まで、まったく知りませんでした!

そしてそれまでは水族館なんてまったくと言っていいほど興味がなかったのに、オープンを知ってからはもう行きたくて行きたくて………。これも京都に対する愛の深さ。京都のものは何でも応援したい。

さすがにオープン後数日はチケット買うだけでも1時間待ちとか言う話なので避けましたが、先日がまんできずにお一人様水族館してきました。

d0018506_22261598.jpg

かめおーー!

ぶっちゃけ、予想通りの、こじんまりとした水族館です。
京都市動物園に行ったことのある人ならわかると思いますが、やっぱりあんな感じです。
d0018506_22302735.jpg

とらこーー!

純粋に水族館を楽しみたいのなら、海遊館に行った方がよいかもしれない(行ったことないけど)。
でも!!やっぱり、京都の中心部に水族館があるとうのは、わくわくしちゃいます。
なんたってうちから徒歩圏です!小一時間かかるけど。
ちなみに動物園も徒歩圏!動物園は早く改修終わって欲しい。少しでも部屋が広くなって、動物のストレスも改善されるといいんだけど。

で、勢い余って二回行ったら元が取れる京都水族館の年間パスポートを買ってしまいました。
これからは京都駅に行ったついでに、ふら~っと水族館にも寄って行こうと思います。


京都水族館
[PR]

# by sumena | 2012-03-22 22:56 | 京都
2012年 02月 22日

「あやし」発売とコミック怪フェア

4年ぶりの新作単行本\(^_^)/「あやし」が発売されました!
宮部みゆき先生の江戸もの怪談短編集が原作です。

また、東京のオリオン書房さんで、今月24日から「コミック怪フェア」が開催されるそうです。

今月発売の新刊に合わせて、色紙の展示とサイン本の販売が行われます。
亜鉛堂さん、樹生ナトさん、志水アキさんら人気漫画家さんたちに混じって、皇も参戦しておりますので、お近くの方は是非お立ち寄りくださいませ。

サイン本は全部で50冊。
その中の2冊だけ、ちょっとしたイラストというかカット付きです。
全部に描こうかともおもったのですが、2冊で挫折しましたw
アドリブ描きが苦手なもので…………。

フェアは5店舗で行われ、おそらくサイン本は各店舗で10冊ずつの販売となります。
1店舗10冊………マイナー漫画家にとっては、少ないようで地味に多い^^;
無事売れますように!

詳細はオリオン書房さんのサイトで。


※訂正。
あれ。
さっきオリオン書房さんのサイトにリンク確認で飛んでみたら、フェア開催店舗、当初予定より増えてるっぽい?!
5店舗でなく、8店舗開催のようですね。
とりあえず色紙は5枚しか描いておりません~。
[PR]

# by sumena | 2012-02-22 12:59 | 仕事